■ご挨拶

土岐 祐一郎
第26回日本がん転移学会学術集会・総会
会長 土岐 祐一郎
大阪大学大学院 医学系研究科 外科学講座 消化器外科学 教授

 このたび、第 26 回日本がん転移学会学術集会・総会を平成 29年7月 27 日から 28 日まで大阪国
際会議場にて開催させて頂く光栄に感謝申し上げます。大阪では第 24 回学術集会を伊藤和幸先生
が開催されていますが、教室としては大阪大学病態制御外科門田守人教授が第 14 回学術集会を開
催してから 12 年ぶりの開催になります。
 日本がん転移学会は 1992 年に設立以来、がん転移による死亡率減少を最終H的とし、基礎、臨床(外科、内科)、開発(創薬、機器)が三位一体となり研究を通して実質的討議を行い、がん転移研究の発展、診断治療の進歩普及をめざす非常にユニークな学会です。国際転移学会(Metastatic Research Society)とも連携しグローバル化に対応し、常に最新の情報を交換し、また企業の臨床開発とも連携しております。
 第26回日本がん転移学会学術集会・総会では、大会のテーマとして「微小転移の制御によるがんの根治をH指して」を掲げました。現在がん治療において大きな間題となっているがん微小転移に注Hし、新たなる診断法、免疫細胞との関連、がん幹細胞との関連を取り扱うことを予定しております。本学術集会では臨床、基礎、創薬の各々の立場からご討議いただき、有益な情報交換、学術振興の場所にできればと考えております。
 会期中の大阪は梅雨が明け、とんでもなく暑い夏を迎えます。会場には是非とも涼しい装いで(ネクタイを外して)ご参加頂き、熱い討論をお願い致したく存じます。多くの学会員の皆様に参加いただけることを、心よりお待ち申し上げます。
 最後になりましたが、大学医局の手作りの会で計画運営をしております。審査を含めお手伝いい
ただきました先生方に深謝しますとともに、ご不備、ご不便にはどうぞ寛容にご容赦ください。

ページのトップへ戻る